design

大福新聞

宮崎市弊社近隣地区(西池地区)「大福不動産」のニュースレターがスタートです。私と大福不動産緒方社長との出会いは、独立3年目の頃。初めて社名をうかがった時は「なんてまるくてやさしい響きなんだ」と結構衝撃的でした 笑
笑顔を絶やさない緒方社長は、そのまるくてやさしいイメージに本当にピッタリ。

緒方社長が弊社にお越し下さいまして、それまでも、まちの空き家対策に取り組んでおられたのですが、もっと身近で皆さんのお役に立ちたいのだとニュースレターのご相談をいただきました。
紙媒体を選ばれたのはご年配の方への配慮もあるかと。不動産の相続で悩まれているのはご年配の方やそのご家族が多いですし。不動産業は、縁を結ぶ素敵な仕事だと常に言われている社長らしい〝まち想い〟の新たな試みに温かい気持ちになり、わぁやりましょうとお手伝いさせていただくことに。
凄いのは、社長自ら取材に出向き記事を書かれるということ。地域の話題や、不動産についてのお役立ち情報、オーナーさまご相談会情報など掲載されており、まちへの愛を感じます。お見かけの際は是非手に取っていただければと思います。問題解決の事例は、なかなか読み応えがあり面白いですよ^ ^

CLIENT大福不動産 様
http://daifuku-estate.net
STAFF黒田シホ
SNSでシェアする:

CONTACT

デザイン やその他の制作に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ